映画「1987、ある闘いの真実」 権力に韓国の人々はどう立ち向かったのか?民主を勝ち取る韓国の人々の勇気ある闘いの真実!

映画、観ました。

「1987、ある闘いの真実」

韓国の民主化闘争を描いたドラマ。反共組織を取り締まる組織の取り調べで、ソウル大学生が死ぬ。その死を隠そうとして必死になる組織。その組織の動きに疑問を抱いた市井の人々が動き出す……。
実話に基づく物語。政府に反抗する人々を拷問により押さえつけた韓国政府の闇を描き出す。公安にあたる反共組織、警察が国家権力にへつらい、人々を暴力で抑えつける。その様は、保身にまみれ、大義もなく、醜いの一言である。権力の犬も普通の人であったはずだが、いつか市井の人々を暴力で黙らせても疑問を抱かなくなる。これが権力とその配下の組織の恐ろしさである。そんな腐敗に立ち向かった韓国の人々の勇気は凄い。観ていて、気づいたら胸を打たれて泣いてた。権力を倒すのは、成熟した民意しかないのだと実感する。言いたい事が言える国を作るには、民のレベルを上げることなんだと思う。1人、人間の愚かさを象徴する人物がいる。北朝鮮で、政権側に家族を殺され、脱北した、アカを憎む反共組織の所長である。反政府的な市民をアカ狩りの大義のもと取り締まっていくが、その姿は、自分の家族を殺した北朝鮮当局と変わらない。大義の名の下、いつしか自分も狂っている。こうなると、大義すら寄る辺に出来ない。人が人であるためには、自分と違う意見にも耳を傾けるしかない。そんな事を思った。
毎回思うが、韓国の俳優さんたちは演技が上手い。葛藤がよく描かれ、人のあり方を知る良質な作品。
勝手な評価:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️(知るべき真実)

スポンサーリンク
広告ー大
広告ー大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする