映画「コーヒーが冷めないうちに」 過去は変えられない、でもあの時に戻って、もう一度話ができたら……。時間を旅した4人の物語。泣ける。

映画、観ました。

「コーヒーが冷めないうちに」

自分の行きたい時間に行かれる席があるという、不思議な喫茶店。ただし、色々と面倒なルールがあり、時間を旅する時間も一杯のコーヒーが冷めるまでの僅かな時間だけ。そして、起きたことは決して変わらない……。にもかかわらず、時間を旅する4人の物語。
オムニバス的なストーリー。時間を旅する4人の理由は、取り立てて奇抜なわけでなないが、とても良質で、共感出来る。ある意味、ベタな話でもあるが、かなり泣かされた。素直にベタな話って、作りが上手いと本当に泣ける。大好きである。ということで、作りは非常に上手い。時間を旅する設定に、様々な制約を入れる事で、物語に葛藤が生まれ、胸を打つ。時間を旅する設定が、ストーリーにも上手に編み込まれていて、その手があったかとか、展開にも面白さがある。さらに、謎解きもあり、上手いなーという感じ。鑑賞後、幸せな気持ちになる素敵な作品。
勝手な評価:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️(素直に泣ける)

スポンサーリンク
広告ー大
広告ー大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする