映画「未来のミライ」 細田守監督が描く、妹に両親の愛情を奪われたと思った4歳児の心温まるストーリー

映画、観ました。

「未来のミライ」

細田守監督の最新作。甘えん坊の4歳児、くんちゃん。妹のミライちゃんが生まれた事で、両親になかなか構ってもらえなくなる。くんちゃんは、両親をミライちゃんに取られたと嫉妬。ミライちゃんをいじめたり、我儘を言ったりするようになる。すると、そこに中学生ぐらいの女の子が現れる。その子は未来のミライちゃんだった……。
弟、妹がいる人なら誰でも経験する、両親の関心を弟、妹に奪われるという切ない体験を、家族の愛情の歴史とともに描いている。そこに、関心を奪っていった未来の妹を配置するという絶妙な設定。素晴らしい設定で、どんな物語になるのかと期待が高まるが、やや難易度が高い設定だったかもしれない。家族の愛情の歴史には、グッとくる場面も多く、特に終盤はグッとくるところがあったが、4歳児が学ぶという設定が難しく、4歳児が学び過ぎても不自然なので、学んだ事がいまいち自分事として共有できない。最低でも、小学校4、5年生ぐらいじゃないと葛藤を描ききれないかもと感じた。そういう意味で、4歳児を主人公とするなんて、なんて野心的なんだろうと思う。
映像は、極端にデフォルメした表情など、特徴的で躍動感がある。
勝手な評価:⭐️⭐️⭐️(野心的)

スポンサーリンク
広告ー大
広告ー大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする