映画「レディ・プレイヤー1」 バーチャルゲームでの56兆円争奪戦!過去の様々な作品へのオマージュを感じさせるザ・エンターテイメント!

映画、観ました。

「レディ・プレイヤー1」

2045年。様々なことが破綻し、人類はバーチャル世界のゲームに興じるだけの生活を送るようになる。彼らが興じるのは、謎解きが出来たら、56兆円の賞金が貰えるという空前絶後の宝探しだ。
バーチャルゲームの中の争いをリアルの状況と絡めて描いている。ストーリーは練られているし、SF的な世界観、SFXも素晴らしい。出てくるものが、日本を含めたオタク的なものが多くて、スピルバーグ監督のオタク的なものへのオマージュを感じる。
バーチャルな世界を極めた秀逸なエンターテイメント。最後の教訓的な終わり方がちょっと微笑ましい。
勝手な評価:⭐⭐⭐⭐(ザ・エンターテイメント)

スポンサーリンク
広告ー大
広告ー大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする