映画「タクシー運転手 〜約束は海を越えて〜」あの時、韓国で何があったのか?軍部の弾圧に対抗する民衆と外国人ジャーナリストを人情味溢れる内容で描いた傑作。

映画、観ました。

「タクシー運転手 〜約束は海を越えて〜」

韓国・光州で軍部が民衆を弾圧しているという情報を得たドイツ人ジャーナリスト。戒厳令、情報統制が行われ、電話も通じない光州へ、ソウルからタクシーで乗り込む計画を立てる。破格の金額に釣られて、貧乏タクシー運転手の主人公は光州行きを決断。光州に行ってみると、そこはニュースで報じられる内容とは異なり、凄惨な軍部による民衆の弾圧が行われていた……。
韓国で1980年に起きた光州事件。その時に起こった実話を基にしたストーリー。光州事件の詳細を知らなかったが、あまりに酷いことが起こっていて言葉を失う。権力の恐ろしさを思い知る。そして、暴走する権力に対抗するには、暴力装置による統治はどんなことがあってもおかしいという民意と、その民意を連携させるジャーナリズムが必要だと痛感する。幸いなことに、今はインターネットがある。インターネットも情報統制されてしまう国もあるが、このような文明の利器により、民衆は自らを守る必要があるだろう。
映画的には、脚本、演出、俳優、全て素晴らしく、何度も固唾を飲んで、何度も涙した。事件の周りで起きる人情が良く描かれていて、草の根の気持ちがあれば救われるという希望もある。特筆すべきは、主人公のソン・ガンホを筆頭とした俳優陣。素晴らしい。韓国の俳優は、特に人情の表現が極めてうまいと感じる。この映画に出てくる男たちにイケメンは1人もいない。それなのに、全ての男たちがカッコよく、生き生きと、魅力的に映る。人って生き様だなと思うと同時に、それを見事に表現する俳優陣に感服。
勝手な評価:⭐⭐⭐⭐⭐(知るべき映画)

スポンサーリンク
広告ー大
広告ー大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする