映画「坂道のアポロン」 音楽を通した友情と恋愛。真っ直ぐで、清らかな主人公達に引き込まれる、青春映画の傑作!

映画、観ました。

「坂道のアポロン」

横須賀から佐世保に転校してきた秀才の主人公(知念侑李)。都会から来たおぼっちゃま扱いで、なかなか周囲に溶け込めない。そんな中、音楽を通して、友人(中川大志)か出来る。乱暴で、直線的な性格は、主人公と正反対だが、友人の幼馴染(小松菜奈)の働きかけもあり、次第に仲良くなっていく……。
ものすごく気持ちいい青春もの。友情あり、恋愛あり。どちらも真っ直ぐで、観ていて嬉しいし、切ないし、そして、最後、ほんと幸せな気持ちにさせられる。ストーリーは王道と言ったら王道だが、キャラ立てが良く、展開も良いので、何度もグッとくる。結構、泣かされた。ラストも素敵だった。音楽を軸にしているところも素敵で、音楽っていいなぁと改めて思う。こんな青春送りたかったと思う素敵な作品。メインの3人も好演。
勝手な評価:⭐⭐⭐⭐⭐(最高!)

スポンサーリンク
広告ー大
広告ー大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする