映画「5パーセントの奇跡 嘘なら始まる素敵な人生」可能性が0%になるのは本人が諦めた時だけ? 実話に基づく、障害を乗り越え、夢を叶えたホテルマンの物語

映画、観ました。

「5パーセントの奇跡 嘘なら始まる素敵な人生」

実話に基づく話。先天的な眼の病気により、社会に出る直前で視力を95%失った主人公。だが、ホテルマンになりたいという夢が捨てきれず、障害を隠して、ホテルの研修生となるが……
紆余曲折は当然あるのだが、とにかく、夢を諦めない人物が描かられる。眼が見えないなら、あらゆるものの位置を記憶するとか、尋常でない努力をしていく。主人公を取り巻く人々との人間ドラマが素敵で、恋愛模様も描かれるが、何かとても幸せな気分になる。
人生は結果ではなく、プロセスが重要。また、可能性が0%になるのは本人が諦めた時だけかもしれない。そんな事を感じさせてくれる。
テンポも良くて飽きずに楽しめるし、グッとくるところもあり、鑑賞後、元気が出る作品。
勝手な評価:⭐⭐⭐⭐(元気がでる)

スポンサーリンク
広告ー大
広告ー大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする