映画「リメンバー・ミー」 家族と夢どちらを選ぶ?深いテーマをしっかりエンターテイメントとして見せる傑作!子供向けなんかでは決してなく、全世代楽しめる。

映画、観ました。

「リメンバー・ミー」

メキシコに住む音楽好きな少年が主人公。音楽家になるのが夢だが、家族からは音楽を禁止されていた。なぜなら、彼のひいひいおじいさんが音楽家を目指し、家族を捨てたからだ。それ以来、少年の一族は音楽禁止の家訓を守り続けていた。どうしても音楽を捨てきれない少年は、ひょんな事から死者の国に入り込んでしまう。そこで分かっていく家族の秘密。少年と家族の未来は……。
子供向けかなと思ってみたら、たまげた。さすが、アカデミー賞を取るだけある。ストーリーが良く出来ていて、飽きないテンポと展開。子供たちはこの辺りで楽しめる。通底するテーマも普遍的王道で、誰もが温かい気持ちになれる。親世代はこの辺りで共感させられるだろう。リメンバー・ミーに込められた意味が深く、最後はまさかの涙。泣かされる予定なかったんだけど……。ある意味、誰もが幸せになれる完璧な映画。映像も非常にカラフルで美しい。
勝手な評価:⭐⭐⭐⭐⭐(完璧)

スポンサーリンク
広告ー大
広告ー大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする