映画「鋼の錬金術師」 失くしたものは、錬金術で取り戻せるのか? 錬金術を軸にしたファンタジー。

映画、観ました。

「鋼の錬金術師」

人気コミックを実写化。
錬金術師と呼ばれる、物質の形態を変える力を持つ兄弟。錬金術の失敗で、弟の身体が失われてしまう。弟の身体を取り戻すために、賢者の石と呼ばれるパワーストーンを探す兄弟の旅を描く。
世界観、ストーリーは、さすがという感じでよく出来ている。ただ、若干内容が豊富過ぎて、葛藤などの心理描写が粗い。なので、キャラの感情が急激に変化し過ぎて、感情移入が間に合わない。とはいえ、意外とグッとくるところもある。それだけに、心理描写が粗いところが悔やまれる。ストーリーの動きも、慌ただしさがある。2時間の制約では仕方なかったかもしれない。
映像はやはり凄いなーと思った。
勝手な評価:⭐️⭐️⭐️(楽しめる)

スポンサーリンク
広告ー大
広告ー大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする