映画「スターウォーズ 最後のジェダイ」 ラス前になり、話が色々動いてきて面白い!映像も見事な秀逸スペースファンタジー!

映画、観ました。

「スターウォーズ 最後のジェダイ」

スターウォーズのエピソード8。銀河を掌握しようとするカイロ・レンらに立ち向かう反乱軍を描く。前回、伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォークに、反乱軍のレイが会うところで終わったが、その続き。
スターウォーズ・シリーズは、血統的な謎が物語を面白くしているとは言え、基本的に対立する二者が戦う構図は同じで、ストーリー的にはシンプル。だが、今回は、様々なキャラがあちこちにでパラレルに自分たちの戦いをやっていて、非常に面白かった。
世界観、アクションは流石の一言。最後の方の戦闘シーンは色彩的にも良く考えられていて、美術的にも見事だった。脇役の動物たちも可愛かったり、綺麗だったり、不思議だったりで世界観も楽しめる。
前回より、面白いと感じたが、三部作の場合、話が動く真ん中の作品が1番面白いのかも。血統の謎はまだ残っているので、エピソード9が待ち遠しい。でも、次回で完全に終わるとすると、複雑な心境で、直ぐにやらなくても良い気がする。
勝手な評価:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️(いやー、楽しい)

スポンサーリンク
広告ー大
広告ー大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする