映画「IT/イット “それ”か見えたら、終わり。」 単なるホラーではない。ホラー的な話を軸にした、スタンドバイミーを彷彿させる少年・少女の人間ドラマ。さすがスティーブン・キング!

映画、観ました。

「IT/イット “それ”か見えたら、終わり。」

スティーブン・キングの原作。基本ホラーは好きではないが、スティーブン・キングだけは別。ペット・セメタリーがあまりに素晴らしく、スティーブン・キングの作品はホラーでも見る。当初、全く関心がなかったが、スティーブン・キングと知って、観ることに。
ある日、主人公の弟が行方不明になる。主人公は弟が生きていると信じ、何とか探し出そうとする。弟が行方不明になった事件には、主人公が住む街の長年にわたる不可思議な事件、幽霊のような不審者が絡んでいたことがわかっていく……
ホラー版スタンドバイミーというコメントを見たが、非常に的を射ている。もしかしたら、ホラーは象徴でしかなく、メインではないかも。なので、怖がるための映画ではない。むしろメインはスタンドバイミーのように子供たち。個性のあるキャラたちが、不可思議な現象の解明を軸に連携していく。子供たちは、超常現象、幽霊、幻覚とも分からない非日常とも闘っているが、自分を苦しめるイジメ、親との確執などの日常とも闘っている。つまり、日常のリアルも一種のホラーとして描いているのだ。日常、非日常のホラーを重層的に描いているところがさすがスティーブン・キングという感じ。葛藤あり、友情あり、恋愛ありで綴られる子供たちの心象風景は、ホラーがなくても見応えがある。
ローティーンの純粋であるが故の不安定さ、そして大人になりきれてないが故の素直さって、自分は1番好き。なので、この年頃の物語って大好き。スティーブン・キングの作品もこの年頃のキャラを良く使っている気がするけど、スティーブン・キングもそんなこと思っているのかなーなどと勝手な推察。
ホラー自体も単に脅かすだけのものでなく、ストーリー性があり、ホラー単体でも楽しめるクオリティ。
ということで、ホラーとしても、人間ドラマとしても楽しめる傑作。
主人公の友達の少女役のソフィア・リリスが可愛いらしく、演技も上手い。大女優になる予感。
5(さすがスティーブン・キング)

ソフィア・リリス

スポンサーリンク
広告ー大
広告ー大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする