映画「ナミヤ雑貨店の奇跡」 みんな誰かを幸せにしてる。時空を越えた悩み相談。

映画、観ました。

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」

とある理由から、強盗を働いた若者3人。警察から逃れるために、雑貨店の空き家に隠れる。すると、何者かがシャッター越しに、手紙を投げ入れてくる。その手紙は、ある人物の悩み相談だった。そして、その空き家となった雑貨店は、かつて悩み相談で有名な店主がいた店だった…
時空を越えたファンタジー。全てが伏線で、様々な話が絡み合い、最後に繋がっていく。まさに東野圭吾ワールドで見事と言うほかない。話の軸が悩み相談という事もあり、グッとくる場面も多く、結構泣かされた。一生懸命やった事、人を想った事って、誰かを幸せにしてるかもしれないと、幸せな気持ちにさせてくれる映画。
西田敏行さんが大好きだが、いい味出してた。
勝手な評価:⭐️⭐️⭐️⭐️(みんな誰かを幸せにしてる)

スポンサーリンク
広告ー大
広告ー大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする