映画「心が叫びたがってるんだ。」 心は言葉で伝えられるのか? 言葉を巡る青春ストーリーの傑作!

映画観ました。

「心が叫びたがってるんだ。」

それぞれがそれぞれの理由で、自分の本当の想いを伝えられなくなった4人の高校生。ひょんな事から、地域交流の出し物をやる実行委員を4人でやらされる事に。出し物として、ミュージカルをやる事になるが…
言葉で自分の想いを伝える事って何なのか、という主題を、4人と言葉の関係を編み込んでいく事で、非常に鮮やかに描き出している。設定とストーリーが非常にうまく作られていて見事。随時でグッときて、泣かされた。ストーリーの中で起こる事は全く奇をてらったものはないが、一つ一つ丁寧に話を織り込んでいくと、こんなにも素敵な物語になるのかと感激した。青春期の恋愛の甘酸っぱさもあるが、恋愛中心主義的なところがなく、爽やかに観ていられる。
キャラ設定、キャスティングも良くて、ホント爽やか。こういう基調のドラマ好きだなー。傑作な気がする。
偉そうな事を言うと、終わり方をもう少しキレのある感じに出来たのではとエンドロールを観ながら思ったが、エンドロール終了後、キレのある本当の終わりが待っていた。お見事。エンドロールが始まったからといって劇場を出てってはいけない。
それにしても題名が、内容を象徴していて素敵だ。
勝手な評価⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️(爽やかで、泣ける)

スポンサーリンク
広告ー大
広告ー大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする