ビールが「ムギじる」てあることを再確認させてくれる逸品。限定醸造の飲むべき一品 サッポロラガービール 赤星

ビール飲みました。

名称 サッポロラガービール 赤星
製造 サッポロビール

香りは、ノーブルなホップとモルトを半々で感じる上品な香り。あー、ビールだなぁという感じで、心地良い。飲むと、まさに麦の味という感じで、鼻腔を抜けるモルトの香りと相まって、麦ご飯を食べたような感じ。モルトの甘味が微かに感じられるが、全くしつこくなく、フィニッシュにかけて訪れる軽い苦味とバランスして、飲み飽きないフレーバーになっている。後味は、やはりスッキリで、心地良い。いやー、うまい!
ビールが「ムギじる」であることを改めて思い出させてくれて、かつ、バランスの良い甘味と苦味で飲み飽きない仕上がり。ジャパニーズ・クオリティの恐るべき逸品。
赤星は、基本、瓶ビールで、飲食店にしか出回ってないが、限定的に缶の赤星が一般のお店に出回ることがある。熱処理で酵母を殺している昔ながらの製法で、熱処理を今もしてるのは恐らく赤星しかない。ファンが多い一品で、発売されたら飲むべき逸品。
これ麦芽100%でないんだよねー。コメとコーンスターチが入っている。スッキリする分、むしろムギ感が出てるような気がする。

スポンサーリンク
広告ー大
広告ー大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする