燃える闘魂、アントニオ猪木さんをイメージ? イタリア生まれのIPA INOKI

ビール飲みました。

名称 INOKI
製造 イタリアの醸造所(どこかわからなかった…)

香りは柑橘系だが、非常に上品でマイルド。軽いエステルも感じられるほど。飲むと、苦味がやってくるが、IPAとしては下限に近いレベルで、ややマイルド。むしろコクがある。アルコール度は6.6%。ただ、苦味のせいで軽い甘味に収まっている。非常に良いバランス。後味はスッキリで、苦味もあまり後を引かない。うまい!
イタリアのビールってどうなのかなと懐疑的だったが、全く侮れない。アメリカンIPAだが、アメリカのブリュワリーが造るほど荒々しくない。なんかヨーロピアンで、イタリアっぽい上品さのあるIPAに仕上がっている。うーむ、やるなー。
INOKIはアントニオ猪木さんをモチーフにした感があるが、アントニオ猪木さんにしては荒々しさがない気もする。いや、待てよ。アントニオ猪木さんは闘魂がシンボルだが、外連味のない戦い方はエレガントですらあった。なるほど、闘魂をIPAで表現し、さらにエレガントさを表現したとするなら、うーむ、恐るべき表現力。

スポンサーリンク
広告ー大
広告ー大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする