本「火怨 下 」 知将、坂上田村麻呂と蝦夷の激闘を蝦夷側の独自解釈で描く!

読みました。

「火怨 下 」 高橋克彦

大和朝廷と蝦夷との戦いを描く。主人公は蝦夷のリーダー、アテルイ。後半である下巻では、アテルイたちと大和朝廷側の知将、坂上田村麻呂との戦いが描かれる。
征夷大将軍、坂上田村麻呂が蝦夷討伐を行なったことは余りにも有名な話だが、その詳細は余り語られない。実際は様々な事が起こっており、その激闘、知略を詳細に描いている本書は、戦記軍略物としても秀逸で、グイグイ読み進んでしまう。登場人物の感情的機微も良く描かれていて、感情移入して、熱い想いになる。坂上田村麻呂なんかは、歴史で習った時は、ただのおじさんイメージだが、知的で清廉潔白な武将として描かれていて、非常にカッコ良い。アテルイたち蝦夷勢も潔く、何度も胸が熱くなった。
蝦夷討伐という事実は変わらないが、その裏にある事情や真実は、蝦夷側から見れば全く違うものになる可能性があり、その点に関して、著者の解釈として物語が構成されている(と思う)。その解釈も秀逸で、なるほどと思った。大和朝廷の征夷大将軍が、反乱を起こした蝦夷を成敗したなどという単純な話では決してない。敗者はいつも悪者として、歴史に記録される。そういう事情を踏まえれば、やはり、事実を多面的に考える事は非常に大切だなと改めて思う。
負けると分かっているときに、負けて何を残すのか?この物語は、勝ち負けだけが、重要ではない事を教えてもくれる。
それにしても、大和朝廷内で出世ばかり考えている幹部たちの情け無いこと…
勝手な評価:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️(事実の裏に語られない事実あり)

スポンサーリンク
広告ー大
広告ー大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする