本「火怨 上」 蝦夷討伐を負けた側から描く歴史絵巻の傑作

読みました。

「火怨 上」 高橋克彦

大和朝廷と蝦夷との戦いを描く。主人公は蝦夷の若きリーダー、アテルイ。前半である上巻では、アテルイたちが蜂起し、大和朝廷側を翻弄するまでが描かれる。
蝦夷は最終的に大和朝廷に負ける立場であることは、周知の歴史であるが、負ける側をここまで精緻に描いた歴史絵巻は少ない。歴史の資料は勝者のプロパガンダでもあるので、そもそも敗者の資料は少ない。そんな中で、本書は、登場人物のキャラクターを巧みに構築し、飽きさせず、瑞々しく、描いている力作である。古代史は謎が多いが、本作では、蝦夷は出雲の生き残りという立場で描かれている。国譲りからの大和朝廷との因縁と思うと、古代史もまた違った味わいで感じられる。
印象的なシーンがある。蝦夷の将が戦場で大和朝廷側の将に問う。(我々は家族を守るために命を賭け、敵の命を奪う。だが、大和朝廷側はお上に命令されただけで、憎くもない敵の命を奪う。それでいいのかと…)抑圧される側の心象をよく表しているし、我々の会社生活に照らしても、ゾクっとさせられる。我々も、上からの命令に踊らされて、やりたくもないことをやっていないかと…
アテルイらに翻弄される大和朝廷側の将軍たちにも色々考えさせられる。出世しか考えておらず、お上への言い訳ばかり考えている。まあ、弱いわけである。こんな人間になっていないか、自らを振り返る良い機会かもしれない。
最大のライバルとなる知将、坂上田村麻呂はまだ登場しない。後半が楽しみ。早く読まなきゃ。
勝手な評価:⭐⭐⭐⭐⭐(敗者側を瑞々しく描いた秀作)

スポンサーリンク
広告ー大
広告ー大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする